“千葉をUPDATE!するビジネスメディア”

現場の実務力を底上げする「実践力強化プログラム」

  2019/8/27


たった一日で全ての業務に必要なスキルを体系的に習得し、現場の実務力を底上げする。

社員に対してこんな悩みはありませんか。

「仕事のゴールをイメージせず、場当たり的に仕事をしている。」
「指示されたことをただこなすだけで、それ以上の価値が出せない。」
「全体像が見えておらず、仕事が期限通りに終わらない」
「他者を巻き込まず自己完結で進めるため、仕事の質が上がらない。」
「失敗を他責にするため、同じ失敗を繰り返し成長しない。」

これら悩みを1日で解決するのが、弊社の提供する「実践力強化プログラム」です。

どんな業務にも必須で求められるG-PDCAサイクルをベースとしたプログラムです。

当プログラムはG-PDCAサイクルを基礎としています。
求められる成果を確認し(G)、達成までの計画を立て(P)、実行(D)と改善(C)を繰り返して成果を出し、振り返りをして次の業務に生かす(A)というサイクルは、どのような業務においても共通で求められます。
この一連のサイクルを、座学ではなく業務シミュレーションを通して体感に落とし込めるのが当プログラムです。そのため、現場の実務力の底上げに直結し、かつ即効性を実感いただけます。

プログラム

業務シミュレーショを通したG-PDCAサイクルの体感研修(7時間)
※座学だけであれば3時間で可能ですが、学びを深めるために7時間プログラムをお勧めしています。

①業務シミュレーションを通して、自身の現状の仕事の仕方でできている部分、至らない部分を自覚する
②G-PDCAサイクルの各プロセスにおいて必須な学びを講座、ワークを通して学ぶ
③再度ワークを実践いただくことで、成長を実感し、実務で活用するイメージを持つ

ページTOP